ミニバン - 中古車情報

広い室内空間が人気のミニバン

軽自動車の最大のメリットはやはり経済性ですね。まず車両本体化価格が安いことがあげられます。

概ね100万円台が主流となっています。使い勝手がよくてファミリーカーとしても使える実力をもつ車が、その価格で買えるメリットは大きいですね。

それと購入時の諸経費が安いのもメリットですね。軽自動車は独自の規格によって車両サイズや排気量が決められています。それに伴う優遇税制があります。毎年支払う自動車税をはじめとした税金だけでなく、保険料などが安くなる場合もあり、維持費を大幅に抑えることができる。

最近では軽自動車の価格よりやすいコンパクトカーも販売されていますが、 それでも税金などの諸経費を考えると軽自動車の手軽さには及びません。

おすすめミニバン

トヨタ ヴォクシー
ミドルサイズミニバンの中でも人気のあるのがヴォクシー/ノアの兄弟車です。ボディの前側を除くプラットフォームを刷新して低床設計を実現し、居住性、乗降性、走行安定性など、さまざまな機能を高めています。低床設計のため、乗降性が向上したので高齢者のいる家庭にもピッタリなクルマです。



ニッサン セレナ
発売からずっと安定して売れ続けているミドルクラスのミニバンです。5ナンバー車では最大級の居住空間を持ち、多彩なシートアレンジにより安定的に人気を保ち続ける定番車種です。2000ccクラスのミニバンの中では3列目の居住性がもっとも優れ、畳めば自転車などの大きな荷物も余裕で積めることができます。



ホンダ ステップワゴン
ホンダが得意とする低床プラットフォームを使うことで、床の位置はセレナに比べると60cm~70cmは低い。そのため乗り降りがしやすく、室内高には余裕がある。低重心によって走行安定性も優れることがメリットになる。スポーティな運転感覚ではないが、ミニバンの中では走りが素直に感じるクルマである。